乾燥肌の悩み

スキンケア

乾燥肌のスキンケア

乾燥肌のスキンケア

スキンケアをしているのに肌がカサカサになって粉を吹いている、化粧水をつけても肌がつっぱっている感じがする。

肌に赤みやかゆみがあったり、ピリピリした痛みがある。

このような症状があったら、もしかしたら「乾燥肌」なのかもしれません。

乾燥肌のスキンケア、どのようにすると保湿ケアができるでしょうか。

また、もしかしたら肌の乾燥は、間違った洗顔・クレンジングにあるかもしれません。

乾燥肌の症状

健康な肌は、特別な保湿をしなくても自分から潤う力を持っています。

ですが、ストレス・睡眠不足・血行不良・バランスの取れていない食生活などを繰り返していることで、肌の新陳代謝がスムーズに行われなくなりターンオーバーの周期が乱れてしまいます。

肌の水分と油分のバランスが崩れることで、カサついて荒れやすい肌になってしまうのです。

この結果肌のバリア機能が低下してしまい、水分を保つ力が弱くなり肌の水分が逃げて乾燥しやすくなったり、紫外線やホコリなどの外からの刺激に反応しやすくなってしまうのです。

ターンオーバーが1度乱れてしまうと、新しく作られる細胞も未熟なものになりやすく悪循環になりやすく、肌が乾燥しやすいサイクルから抜け出しにくくなってしまう傾向があります。

乾燥肌は、顔だけではなく全身に出る可能性があります。

感想肌の原因、バリア機能を低下させるのは?

肌の水分が逃げることで肌が乾燥します。
その原因になるバリア機能の低下は、どのような所に原因があるのでしょう。

・空調による空気の乾燥
仕事などで長時間空調が利いている場所にいる人は注意したいです。

エアコンは、冷房でも暖房でも空気の水分を吸収してしまう性質があるので乾燥を引き起こしてしまいます。

・紫外線
たくさんの肌トラブルを引き起こす原因がある、紫外線。

肌の老化の原因の約7割は、紫外線によるダメージと言われるくらいです。

太陽の光を浴びやすい顔や首、手の甲などと、露出の少ない腕の内側や太ももなどを比べてみると肌の色に明らかな差があるのでわかりやすいのではないでしょうか。

肌の表面近くにある角質層は紫外線のダメージを受けて乾燥を引き起こす原因になりまいす。

・加齢による肌の衰え
肌は20歳をピークに肌のトラブルが起こりやすくなってくると言われています。

その原因が加齢による肌の保湿力の低下です。

肌の潤いに大切な役割を果たしている物質は、加齢に伴い減少していきます。

なので、ケア方法などで個人差はありますが、年齢を重ねるにつれて肌のバリア機能が低下して乾燥したり外部刺激の影響を受けやすくなったりします。

・生活習慣の乱れによるターンオーバー
健康な肌は、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)が正常な周期で行われています。

ターオーバーが正しく行われると、肌のバリア機能も保たれています。

ですが、強いストレスや睡眠不足、不規則な生活などを繰り返しているうちに自律神経が乱れて免疫力が低下します。

結果、肌のバリア機能も低下して肌が乾燥しやすい状態になってしまうのです。

睡眠不足は、ターンオーバーに必要な成長ホルモンが分泌されにくくなるのでターンオーバが乱れる原因になっています。

・入浴方法
温度の高いお湯(42度以上)や長時間の入浴は、必要な皮脂や保湿成分が流れてしまう原因になります。

石鹸やボディーソープでゴシゴシ洗っていると、肌にダメージを与えたり、皮脂を落としすぎてしまうことも。

肌の乾燥が気になるときは、汚れが強い部分や気になる部分だけ・・・など洗浄頻度を下げてみるのも良いでしょう。

洗う時は、手のひらで泡立ててから優しく洗うのもよいでしょう。

入浴後は、水分が蒸発しやすいのでなるべく早く保湿を心がけましょう。

・食生活
私たちの体は、食べた物でできています。

お菓子が食事、ジャンクフードばかり食べている、夜はお酒とつまみだけなど、食事のバランスがとれていない人は、肌が乾燥しやすい可能性があります。

必要な栄養素をしっかりと摂っていないと、健康で美しい肌をつくることはできません。

ターンオーバーの周期を正常に維持するビタミンB群や、抗酸化作用が高いビタミンC、皮膚をつくる細胞の原料のタンパク質などは肌に必要な栄養素となっています。

・間違ったスキンケア
毎日のスキンケアが間違っていると、肌の乾燥を引き起こす原因になります。

スッキリさせたいからと言って、強い洗浄力のあるクレンジングや洗顔を使っていると皮脂を落としすぎている可能性があります。

メイクや汚れが落ちるのでキレイになるかもしれませんが、洗顔後のつっぱり感を感じているのなら乾燥が進んでいる
サインです。

柔らかい肌はとてもデリケートです。

水分を拭き取るときは、タオルを優しく押し当てるようにしましょう。

洗顔のときだけではなく、体をふく時にも同じようにしましょうね。

洗顔後の顔は乾燥しやすい状態になっているので、化粧水などですぐに水分を補給してあげましょう。

せっかく補った水分が蒸発しないように、乳液やクリームでフタをしてあげることも忘れずに。

乾燥肌のスキンケア方法

自分の肌質に合ったケアを行っていくのがベストです。

スキンケアと一言でいっても、化粧水や乳液、美容液などたくさんのアイテムがあります。

実は使う順番を守らないと使っている意味がないということもあるのです。

クレンジング→洗顔→化粧水→美容液→乳液→クリーム

が、基本的な順番になります。

乾燥肌のスキンケア、順番について

ステップ1.クレンジング・洗顔
【正しいクレンジングの方法】
・メイク汚れをしっかりと落とし、肌に必要な皮脂を落とさないのがポイント
・乾燥肌の人は、刺激が強く乾燥を促進させてしまうクレンジングよりクリームタイプがオススメ

【正しい洗顔方法】
・先顔料や石鹸をきめ細かく泡立て、肌を優しく転がすように洗う。ゴシゴシ厳禁!
・泡が残らないようにぬるま湯でたっぷりと洗い流す
・石鹸、液体、クリームなどの低刺激タイプを選ぶ

ステップ2.保湿ケア
【化粧水で保湿】
・洗顔後、すぐにたっぷりの化粧水で肌に潤いをプラスさせる
・低刺激で良質な潤い成分が入っているのを選ぼう

【乳液・クリームで閉じ込める】
・化粧水で与えた潤いを逃さないために、乳液やクリームを使ってフタをする
・低刺激で良質な潤い成分が入っているのを選ぼう

【丁寧な保湿ケアを心がけよう】
・乾燥しがちな、頬、目元、おでこ、鼻まわり、おでこなどに化粧水乳液をたっぷりと使う
・化粧水は肌に押し込むように丁寧になじませる
・肌をたたくようになじませるのは厳禁!

ステップ3.スペシャルケア
【保湿パック】
・乾燥が気になる時は、いつもの化粧水をコットンやパック用マスクにたっぷりと含ませて保湿パックをしよう。市販のフェイスマスクを使ってもOK!
・目安は3~5分。長時間放置すると逆に水分が蒸発しやすくなります
・パックがおわったら乳液やクリームでフタを忘れずに

【マッサージ】
・クリームを塗る時についでにマッサージをして浸透力を高めよう
・顔の筋肉にそって、内側から際へ、下から上へ円を描くようにくるくるとマッサージしよう

【美容液】
・肌のコンディションや部位に合わせてブースターなどを取りいれると効果的
・目元や口元などのデリケートな部分は、専用の美容液を選ぼう
・植物由来など刺激の少ないものを選ぼう

クレンジングのススメ

メイクをしている人は、毎日の洗顔の前にクレンジングを欠かすことができません。

クレンジングを選ぶ時は、メイクを落とすけれど肌に必要な皮脂や角質を洗いすぎない、ダメージを与えすぎないということです。

乾燥肌の人には、「ミルクタイプ」「クリームタイプ」がオススメ。

洗浄力が穏やかで、デリケートな肌を優しく洗ってくれます。

ポイントメイクが落ちにくいときは、専用のリムーバーなどを利用すると良いですよ。

乾燥肌が気になっている人は、シートでふき取るタイプや洗浄力が高いオイルは向いていません。

肌の調子が悪いかも・・・というときは、肌に優しいミルクやクリームタイプのクレンジングを使ってみるとよいかもしれません。

・クレンジングの量が少なすぎると、摩擦で肌への負担が増えるので注意
・メイクとクレンジングを馴染ませるように、ゴシゴシしない
・肌に乗せる時間が長いと乾燥の原因になるので、1分くらいを目安にする
・W洗顔不要のクレンジングだと肌の負担が少なくなる
・最後にしっかりとすすぎをする

保湿のススメ

洗顔の後は水分が蒸発しやすい真っ新の状態なので、すぐに保湿をしてあげましょう。

化粧水、乳液、クリーム、美容液などがあります。

基本的には、化粧水→乳液→クリームですが、商品によっては順番が違っているものもあるので、最初に使うときに確認をしてくださいね。

ベタベタするのが苦手だからといって、乳液とクリームの量を極端に減らしたり、使わなかったりする方もいるようです。

せっかく化粧水で水分を補ったのに逃げやすい状態にしておくなんてもったいないです。

化粧水の後は、乳液かクリームでフタをして水分が逃げないように肌の乾燥を防ぐようにしましょう。

保湿ケアの成分も大切です。

乾燥肌が心配な人は、アルコール・エタノール・保存料・合成着色料・香料などが含まれていない低刺激のものがオススメ。

肌内部の細胞間皮質に働きかける成分のセラミド・コラーゲン・アミノ酸などが含まれている化粧水や乳液などを選ぶと保湿効果が期待できます。

・洗顔後はなるべく早く保湿ケアをしよう
・化粧水で水分を補い、乳液とクリームでチャージしよう
・肌全体に行き渡るようにしよう
・優しく丁寧になじませる

まとめ

・肌のバリア機能が低下すると、ターンオーバーが乱れて乾燥肌になってしまう
・乾燥肌の原因は、加齢、紫外線、生活習慣、食生活などいろいろな要因がある
・正しいスキンケアを行おう
・とにかく保湿を大切にしよう

季節の変わり目で肌は乾燥しやすくなっています。

肌のカサつき、粉ふき、肌荒れなどを感じたら乾燥肌かもしれません。

普段の生活を見直したり、ご自身に合ったスキンケア方法をしてみることで、潤いのあるプルプルの肌を取り戻すことができますよ!

⇒ セラミド化粧水おすすめ

-スキンケア
-

Copyright© セラミド化粧水おすすめ , 2020 All Rights Reserved.